オーガニック > オーガニック食品 > 国産そば



福猫屋オススメ!!
幻の山茶
出雲国煎茶


お友だちに紹介

奥出雲そば:生蕎麦2人前

奥出雲そば




iTQi優秀味覚賞受賞
割子そば
色黒な平打ち麺

食品添加物不使用の色黒で幅の広い平打ち麺


国内産の蕎麦使用(そば粉5割)。蕎麦の品質は農家に出向いて確かめていると言う程のこだわりようです。小麦粉も国内産の原料を使用しています。
自家製粉の挽き立てのそば粉を使用し、色黒で幅の広い平打ち麺に仕上げています。


酒精(エタノール)や酸味料、保存料など食品添加物不使用なので、袋を開封時、ゆでた時の臭さは全くありません。

打ち粉もそば粉(更科粉)を使い、たっふりかけていますので、そば湯も美味しく飲んでいただけます。


・原料産地→そば:日本、小麦粉:日本(北海道)、食塩:オーストラリア


リピーターのとても多い蕎麦です!

iTQi ( The International Taste & Quality Institute ) 国際味覚審査機構 優秀味覚賞受賞


そばは大好きなのですが、これは本当に美味しいです!出汁をつけずに噛みしめると、そばの香りがとてもよく感じられます。ざるそばで食べるのがやっぱりおススメですが、出雲風の割子も一度お試しください。

蕎麦:北海道、大分県、島根県、鳥取県
小麦:北海道

 放射線の測定の結果、セシウム等は検出されませんでした。
(ゲルマニウム半導体検出器 GEM25-70 ・検出限界値:3bq/kg)

・ 写真は北海道でそばを栽培している、安田伸一さんです

 奥出雲そばの出来るまで >>>

  • 出雲地方の昔ながらの製粉方法、いわゆる蕎麦の実を丸ごと挽く、<挽きぐるみ>
  • 自社製粉した挽きたてのそば粉を製粉後3日以内に使用。
  • 食品添加物などを使用せず、健康・安心・安全な蕎麦を表現しています。

包装時に水蒸気殺菌をすることにより、長期保存を可能にしています。検査では実際には1年程度でも問題ないとの事だそうです。包装内に水滴が付いていたり、麺が袋についている場合がございますが、安全の証ですのでご安心ください。



* 国際味覚審査機構 優秀味覚賞受賞

 ◆ 奥出雲 生蕎麦<つゆなし> 2人前(常温)


自家製粉の挽き立てのそば粉を使用し、色黒で “幅の広い平打ち麺” に仕上げています。

【内容】 1パック:120g×2

【原材料名】そば、小麦粉、食塩

1パック:品番: BI202a

\440(税込\475) 個数

3パック:品番: BI202at

\1290(税込\1393) 個数

5パック:品番: BI202av

\2130(税込\2300) 個数

* 国際味覚審査機構 優秀味覚賞受賞

  奥出雲 生蕎麦<つゆ付き> 2人前(常温)

つゆは、国産丸大豆醤油を使い、だしを効かせたまろやかなつゆに仕上げています。 “幅の広い平打ち麺” に仕上げています。(鰹を使用していますので、ベジタリアンの方はつゆ無しをおすすめします)

【内容】 1パック:めん120g×2 つゆ60g×2

【原材料名】

めん:そば、小麦粉、食塩

つゆ:醤油(本醸造)、砂糖、鰹節、宗田鰹節、食塩、みりん、昆布、椎茸、清酒、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)(鹿児島県産鰹節、北海道産昆布に、島根県産大豆を使用した醤油)

常温

賞味期限:4/11

1パック:品番: BI202b

\600(税込\648) 個数

3パック:品番: BI202bt

\1760(税込\1900) 個数

5パック:品番: BI202bv

\2900(税込\3132) 個数




ドライトマトと黒豆を使った、アボカドソースのそばサラダ。細麺がサラダにも合います!

出雲そば【細麺】<つゆなし・半生> 2人前(常温)

茹で時間90秒!忙しい時にうれしいですね。

自家製粉の挽き立てのそば粉を使用し、色黒で喉越しの良い “細麺” に仕上げています。ざる蕎麦はもちろん、サラダそばにもおススメです。

半生ですので、日持ちします。

【内容】 1パック:80g×2

【原材料名】そば、小麦粉、食塩

1パック:品番: BI211

\330(税込\356) 個数

3パック:品番: BI211t

\970(税込\1047) 個数

5パック:品番: BI211v

\1600(税込\1728) 個数


昔の蕎麦は美味しかったね!日本三大蕎麦・出雲そば

日本三大蕎麦の一つ、出雲そば。蕎麦を作っている本田商店さんは、地域・物産である「そば」の製粉を商いとする「粉屋」「蕎麦屋」として大正2年に縁結びの神様で有名な出雲大社のある出雲地方の南部、奥出雲の木次町に於いて創業。
奥出雲ではその昔、山間地でタタラ製鉄、炭焼が盛んに行われその燃料となる雑木材を切った後に根株を山焼にし、蕎麦を栽培。いわゆる焼畑農法による蕎麦栽培されていました。

製鉄、炭焼の職工が手軽に安価で、栄養価の高い、食べる蕎麦、腹持ちの良い全層挽きそば粉を使用したことで出雲地方独特の黒い蕎麦が生まれたと考えられます。

その昔の蕎麦を実現するために3つのテーマ、コンセプト「本物の蕎麦」「美味しい蕎麦」「食べる蕎麦」で試行を重ね、完成したこだわりの逸品です。

本物の蕎麦

素材を吟味、国産原料を厳選、出雲地方の昔ながらの製粉方法、いわゆる蕎麦の実を丸ごと挽く、<挽きぐるみ>*そして自社製粉した挽きたてのそば粉を製粉後3日以内に使用。やはり挽き立てが一番甘く香り高いそばになります。

美味しい蕎麦

素材の美味しさを引き出し、作り手の愛情、熱い思いを商品にどう表現するか、またどう再現するか、また何よりも食卓を囲んで会話のはずむ食品作りこそが本田商店の使用と考えて作っています。

食べる蕎麦

自然の素材をいじる事なく、また、食品添加物などを使用せず、健康・安心・安全な蕎麦を表現しています。以上のことから蕎麦粉の粒子は荒く、つなぎの役割をする小麦粉は、グルテン含有量が少ないために、蕎麦粉と小麦粉がつながりにくく、そして、商品歩留まり、賞味期限の問題など試行錯誤しながら原料保管庫の温度、温度調整、蕎麦粉の粒子を複数にブレンドし、菌数の削除、その他を配慮し、やっと完成した商品は蕎麦の栄養価を丸ごとに含み、コシがあり、また、のどごしなめらかな食感に仕上げています。

* 挽きぐるみ


 



乾麺のページへ

Copyright(c) 2002-2016; Fc Company, All Rights reserved.