オーガニック > オーガニック食品 > 有機餅 有機米



福猫屋オススメ!!
幻の山茶
出雲国煎茶



お友だちに紹介

特別栽培米 “ゆきひかり”
玄米

北海道の旭川で農薬を使わずに栽培された昔のお米です

ゆきひかりは、昭和59年に北海道で栽培されていた、うるち米系の昔のお米の品種です。
現在ではほとんど栽培されていないお米で、北海道でも約1%しか栽培していません。その中でも農薬を使用せずに栽培した数量限定の特別栽培米はさらに希少です。
市川農場では昭和59年から平成元年まで「ゆきひかり」を栽培していましたが、平成5年に「ゆきひかり」の栽培を復活させまして現在にいたります。

先祖代々がうるち米同士の掛け合わせで出来た珍しい品種


ゆきひかりは従来のコシヒカリ系(もち米が先祖)の米ではなく、うるち米系の品種で、粘りが少なくアミロースがやや高く、タンパク質も他の品種よりは少ないお米です。マクロビオティックを実践している方、アレルギーでお米を探している方にお勧めのお米です。

ゆきひかりの一番の特徴は、炭水化物であるアミロースとアミロペクチンの比率がコシヒカリ系と少し違うことです。アミロペクチンというのは餅米に代表されるように、お餅のような食感です。アミロースが多く、アミロペクチンが少ないお米は、あっさりしたササニシキのようなお米です。

米アレルギーに何らかの影響を持つと言われているアミロペクチンが少ないので、アレルギーが出にくいと言われています。そして、さっぱりしているので、モチモチのお米で胃もたれしてしまったり消化不良になりがちな方にはオススメです。ちらし寿司とかカレーのご飯には、とっても向いています。

また、ゆきひかりが悪玉菌を退治するという記事が北海道大学の教授より公表されました。

http://www.yukihikari.com/yukihikari/img/sinbun49.pdf

詳細を見る
 

農薬不使用

市川農場では収穫した米ぬか稲わらで有効微生物肥料を作り田んぼに肥料として戻す循環型の農法を実践していますので、他の稲わらは使用しておりません。水田には様々な生き物が生息し、綺麗な水でしか咲かないミズアオイの花が一面に咲きます。

自然の生態系がたもたれている水田で育んだお米をご堪能下さい。残留農薬146項目の検査と放射能検査1ベクレル以下での検査も実地ししています。完全ゼロ農薬、ベクレルフリーです。


品種:特別栽培米ゆきひかり玄米

内容量:5kg

産地:北海道旭川

産年度:28年産


ご購入後は冷暗所(または冷蔵庫の野菜室等)で保管してください。冬場なら2ヶ月以内、春秋なら1ヶ月、夏場ならば2週間以内に使いきれる位の量を購入されることをおすすめします。


玄米:品番:B-340
\3300(税込\3564)/5kg 個数

市川農場さんが毎月北海道新聞に連載していた農業のエッセイです。

*ゆきひかりを作りつづけて(出典:市川農場HP)
  筆者 市川 範之
http://www.yukihikari.com/farm/essay.html

ゆきひかりを作るきっかけになったお客様の出会いを書きました。

1999年7月 北海道新聞搭載記事です。

私は旭川でコメを栽培している農家だ。
農場から直接お客さんに届けているので消費者のコメに対するニーズには敏感にならざるをえない。
「ゆきひかり」を作り続けている。
一時期、北海道米のエースだったが、別の品種が開発され今では専門のお米屋さんにもほとんど
置かれなくなった幻のコメだ。
食べた感じは粘りが少なく「うるち米」そのものの味。
食べ慣れている方はこの味は「ゆきひかり」だというのが直ぐにわかる。
私がこのコメに特に興味をもったのは4年前だ。
ある日、農場に一人の若い女性が訪ねてきた。
その女性は真剣な眼差しで「有機栽培で栽培されたゆきひかりを探しているのですが・・・。」と切り出した。
子供がアトピーなので安全に栽培されたゆきひかりを懸命に探しているとの事。
女性はさらに、「何とか農薬をあまり使わずに有機栽培で栽培して頂けないだろうか」と求めてきた。
私は栽培を約束した。
そして「ゆきひかり」について調べてみた。
その結果他の人気品種とは違う成分を持つことが分かった。
現在、世に出ている米はほとんどうるち米と餅米の掛け合わせで出来た品種である。
例えばコシヒカリなどは粘りがあって美味しいお米だがその粘りは餅の成分が含まれているからだ。
しかし、「ゆきひかり」は先祖代々がうるち米同士の掛け合わせで出来た珍しい品種。
脂肪も他のコメより少ない。
こうした性質の「ゆきひかり」をいろいろ調べながら漢方薬や微生物を使用した
特殊な農法を用いて「ゆきひかり」を栽培した。
そして1年後、約束どうりその女性の方に「ゆきひかり」を提供した。大変喜んでおられた。私も嬉しかった。
その後、皮膚科のお医者さんの紹介や口コミで少しずつ問い合わせがあります。
ゆきひかりは種が少なくなり増やすのは難しい。
しかし、喜んで頂いているお客さんの顔が忘れられず、今日も頑張ろうと田んぼへ向かう。

筆者 市川 範之


Copyright(c) 2002-2016; Fc Company, All Rights reserved.