オーガニック > オーガニックコーヒー


   コーヒーカテゴリ

  ● ブレンドコーヒー

   ストレートコーヒー

   フェアトレードコーヒー

   NGO関連コーヒー

   生豆販売

コーヒー生産者紹介

関連コラム

フェアトレードとは

フェアトレードについて

フェアトレード商品であること


映画「おいしいコーヒーの真実」予告編


フェアトレードコーヒー関連書籍のご案内
コーヒー危機
作られる貧困
オクスファムインターナショナル著
¥1,050 (税込
フェア・トレード
公正なる貿易を求めて
マイケル・バラット・ブラウン(著)
¥3,150 (税込)
地球買いモノ白書
どこからどこへ研究会 (著)
¥1,365 (税込)

(たぶん)絶対美味しい(と思う)コーヒーの淹れ方

福猫屋流ですが、多分これで淹れると間違いなく美味しいと思います。
ここでは「福猫屋オーガニックコットンネルフィルター」を使用します(これ使うだけでもかなり違います!)。写真はちょっと使い込んだフィルターです(^o^;)

ペーパーフィルターも基本的には同じ淹れ方です。

  • コーヒーは豆を飲む分だけその都度挽きます。1杯(120ccから150cc)につき15gから18g位。挽き方は中細引き。

  • やかんにお湯を沸かし、フィルターにかけ、コーヒーサーバーやカップを温めておきます。

  • フィルターの水気を切りドリッパーにセットします(ネルフィルターの使い方はこちらを参照してください)。

  • コーヒーの粉をフィルターに入れ、フラットになるように均します。

  • やかんに沸かしたお湯をコーヒーケトルに移します。これで丁度良いくらいにお湯が冷めます(コーヒーケトルが無い場合は90℃から93℃くらいに冷まし、そのままやかんを使います)。
    お湯が熱すぎると苦味が強くなり、ぬるいと酸味が強くなります。

  • コーヒーの粉の中央あたりから少し(20cc位)お湯を注ぎ全体にお湯を馴染ませます。

  • お湯を含んでジワっと膨らんできます。20秒くらい蒸らします。

  • 膨らみが落ち着いたら、中央からゆっくりとお湯を注ぎます。

  • 中心から渦を描くように外側に向けてお湯を注ぎます。この時500円玉くらいの大きさで円を描きます。フィルターや粉の外側にお湯が掛からないように気をつけて下さい(イメージとしては粉の壁の中で泡がたっている感じ)。

  • 泡の山が崩れない程度にお湯を注いだら、ちょっと休んで山が小さくなるまで待ち、再びお湯を注ぎます。

  • 山がへこんだり、抽出液がサーバーに落ちきらないよう気をつけて下さい。全部落ちると泡の中にある雑味まで落ちてしまいます。

  • メリタの一つ穴ドリッパーの場合は、予定量のお湯を一気に注いで、そのまま落ちるのを待ってください。

  • 中心に泡がたち山が出来ている状態を保ちながら、予定の抽出量までお湯を注ぎます。

  • 上記のドリッパーに泡が残っている状態で、予定の量抽出できたら、そのままドリッパーを外します。

  • 抽出量が一人分など少ない場合は細くゆっくりお湯を注ぎ、4人分など多い場合は後半は多めにちょっと早くお湯を注ぎます。抽出時間が分量で余り変わらないようにすることがポイントです。

カップに注いで出来上がり!!

オーガニックコットン ネルフィルター

本格ネルドリップの味わいを手軽に楽しめます


フェアトレードの厚手のオーガニックコットンネル生地で作った、福猫屋オリジナルのコーヒーフィルターです。

一般的なネルドリップは淹れる技術を必要としますが、このネルフィルターはネルの厚みと、円錐形の抽出法で、普通のドリッパーを使ってまろやかでとろんとした本格的なコーヒーを誰でも簡単に淹れることができます。

ネルドリップより扱いは簡単です。一度使うとペーパーには戻れません!!ウチでは毎日使っていますが、休日の楽しみ用としてもお勧めです。(〜4人用)


生地:綿100%(オーガニックコットン) 
縫糸:オーガニックコットン(強度の都合、一部ポリエステル使用)

・ 50回程度の使用を目安に交換してください。


ネルフィルターの使い方

詳細お買い物はこちらから>> 

Copyright(c) 2002-2016; Fc Company, All Rights reserved.